カンジダ性亀頭包皮炎

カンジダ性亀頭包皮炎を自宅でこっそり完治させる薬
カンジダ男性完治セット
カンジダ性亀頭包皮炎を自宅で完治させるためのベストセット。ロテュリミンAFの有効成分クロトリマゾールが皮膚深部に浸透し患部に働きかけ、薬用石鹸のファンガソープEXが殺菌・抗菌及び代謝促進にて治療の効果を促進。病院へ行くのが恥ずかしい方や忙しくて時間に余裕のない方に特におすすめ。
ロテュリミン
ロテュリミンAFは、皮膚真菌症に対する有効成分クロトリマゾールで患部を強力に治療します(※カンジダ性亀頭包皮炎に一番効果があるとされています)。朝と晩の1日2回の塗布でおよそ2週間で完治します。ロテュリミンAFが常に患部に塗られている状態を保つことが治療にあたっての最大のポイントです。
カンジダクリアスーパー
カンジダ菌に対する抵抗力をアップさせるための天然植物成分を凝縮させたスーパーサプリメント。男性・女性を問わずカンジダ菌に負けないカラダ作りをサポートしてくれます。特にカンジダを再発させてしまった方、もしくはもう二度とカンジダ菌に侵されたくないという方の予防対策として推奨されています。

なぜカンジダ性亀頭包皮炎になるのか?

性器カンジダ症の男性バージョンという感じで、カンジダ性亀頭包皮炎という病気があるそうですね。でも、今まで性器カンジダ症って女性の病気というイメージがあったので、男性もかかることがあるのかとちょっと意外でした。男性器って女性器と違って外に露出してるため、通気性が良い分カンジタ症にはまずならないと書いてあったのに。

ちなみに、原因は別に性交渉に限られないそうです。正確に言うと、性交渉で相手からカンジダ菌をうつされても、発症することはまず無いそうです。それこそシャワーで簡単に落ちるみたいですから。

それよりも、直接の原因としては、性器の洗い過ぎが挙げられるそうです。なんでも、皮膚には細菌とカビ菌が生息していて、普段なら片方が悪さできないよう双方が拮抗しているみたいですが、過度な洗浄をすることで細菌が皮膚から減ってしまい、カビ菌がのさばってしまうのだとか。つまり、性器を洗いすぎるとカンジダ菌がカンジダ症を発症させてしまうということなんですね。

亀頭包皮炎を完治させるには?

亀頭包皮炎って、再発の多い病気だそうですね。まぁ大体のケースだと、場所が場所なだけに病院に行かなかったり、処方された薬を言われた期間通り使わず症状が収まった時点で止めてしまったり、という理由がほとんどみたいです。

長引かせてしまう原因には、意外にも性器を綺麗に洗ってしまうことが挙げられるそうです。炎症を起こしているんだから、汚れが入らないようにむしろ何時もよりも念入りに洗うべきなのでは、と思うのですが、実際は菌をすりこむことになってしまい、余計炎症を悪化させることになってしまうみたいです。

そのため、亀頭包皮炎を完治させるためには、病院でもらった薬を医者に言われた期間はずっと使って(症状が収まっても、それは薬で炎症や菌を抑えているだけで完治はしていないそうです)、尚且つお風呂の際はお湯のみで念入りに患部を洗うだけにしておく、というのが大切だそうです。

カジダ亀頭包皮炎を治すには?

カンジダ亀頭包皮炎って、要はカンジダ菌が増殖して発症しますから、発症した際は何時もより念入りに、お風呂の時に性器を洗えば良いとばかり思っていました。でも、実際はそんなことをしてしまうと、逆に症状が悪化するそうですね。

なんでも、普通の石鹸で落ちるのは細菌のみで、カンジダ菌などのカビ菌に効果は無く、むしろ皮膚に生息する細菌を洗浄で減らしてしまうことで、カビ菌をのさばらせてしまうみたいです。つまり、普通の石鹸で洗うのは駄目ということなんですね。そのため、カンジダ亀頭包皮炎になった際の洗浄手段としては、真菌薬用石鹸が推奨されているそうです。

これなら、普通の石鹸と違い、細菌ではなくカンジダ菌を殺菌することで、症状を改善してくれるみたいなんです。患部をお湯か水で綺麗に洗うという方法もあるそうですが、それよりはこうした石鹸を使った方が早く治りますよね。